2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口知能のアーキテクチャとは一体

今日の心理学と哲学で学んだことから考えると、生物を模した人工知能が実現可能とすると
  • 先天的な固定機能(初期値、ハード; 遺伝、本能)
  • 環境に応じた高次機能の決定(セットアップ; 幼児期のしつけ)
  • 環境に適応するための安定化(アップグレード; 学習)
    的な段階に分けて、それぞれ(つまり、予約部分と拡張部分)の比率を人工知能の規模(虫程度か、犬程度か)に応じてどう割り振るかがミソ、のような気がした。(素人考えながら)
    スポンサーサイト
  • コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://butchi.blog42.fc2.com/tb.php/39-1fe909bd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | HOME |  »

    プロフィール

    ぶっち

    Author:ぶっち
    面白法人に勤める男。

    趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
    自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
    http://butchi.jp/

    Twitter

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    ブログ内検索

    RSSフィード

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。