2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013のレアな数学的特性10選

明けましておめでとうございます。

2013年ということで、2013に関する数学的特性を集めてみました。


レア度: ★☆☆☆☆

2013の2進表記は11111011101、
2013の3進表記は2202120、
2013の5進表記は31023

各桁の数をすべて足すとどれも9となる

前:1955, 次:2036 (2進表記、3進表記、5進表記それぞれでのdigit和が等しい数)


レア度: ★★★☆☆

2013は13進表記でBBB。

すなわち2013 = 11×132 + 11×131 + 11×130

前:1830, 次:2196 (13 進数でdigitがすべて同じになる数)


レア度: ★★★★★

2013は5進数で31023。

10進数でも5進数でも0,1,2,3だけで表現される。

前:1424, 次:2130 (5 進表記と10進表記で使われているdigitが同じ数)


レア度: ★★☆☆☆

それまでのn-1グループの全要素と重複しないように最小に選ばれる公差n、要素数nの等差数列グループの平均値

(1), (2, 4), (3, 6, 9), (7, 11, 15, 19), (8, 13, 18, 23, 28), (14, 20, 26, 32, 38, 44), (20, 27, 34, 41, 48, 55, 62),…

前: 1826, 次: 2079


レア度: ★☆☆☆☆

2013の素因数は3, 11, 61。

32+112+612は3851で素数。

前:2007, 次:2030 (素因数の2乗和が素数になる数)


レア度: ★★★★☆

2013の約数の5乗和は2013で割り切れる。

2013の約数は1, 3, 11, 33, 61, 183, 671, 2013。

それらを5乗して足し、2013で割ると16487748318752という整数になる。

前: 1717, 次: 2296 (nの約数の5乗和がnで割り切れるような整数n)


レア度: ★★★★★

2013~2016は素因数が3つ(重複含む)の数

前: 1884~1887, 次: 2583~2586 (素因数が3つのもので4連続する数)

なお、2013, 2014, 2015は素因数が異なる3つの素数で、楔数(くさびすう)と呼ばれる数。楔数が3つ連続するのもレア。


レア度: ★★☆☆☆

20132の約数の総和は25572の約数の総和と等しくなる(Wallis pair)

前: 1956と2030, 次: 2072と3097


レア度: ★★☆☆☆

857, 859は双子素数。

それらは148番目、149番目の素数で

857+859+148+149=2013

前:1945, 次:2069 (双子素数の和とそのインデックス (何番目の素数か) の和との和)


レア度: ★★★☆☆

2013 = Prime[2] × Prime[5] × Prime[18] → 2 + 5 + 8 = 25

2014 = Prime[1] × Prime[8] × Prime[16] → 1 + 8 + 16 = 25

2013 と2014は素因数のインデックスの総和が等しい

前:1862, 次:2255

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

探偵GODのコメント

確かにね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://butchi.blog42.fc2.com/tb.php/115-49553624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。