2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタラクション2011での地震

2011年3月11日、日本科学未来館にてインタラクション2011の最中、地震が起きた。

学会本編については前の記事参照。

僕がいたのはオーラル発表のサブ会場である7階の会議室。

揺れは幅がかなり広く、時間もかなり長かった(2分ぐらい?)。

地震後の会場の様子。

DSC_0185

会議室には研究室の先生(秋田先生)がいたため、一緒に階段で避難し、外に出た。秋田先生の服には天井から落ちてきた塗装がいっぱい付着していた。

DSC_0186

ここで研究室の5人と合流。

さすが優秀な研究者が集まる学会だけあって、スタッフの対応が冷静で、避難者も混乱がなかった。

未来館ではないが、テレコムセンターの方向から黒煙が上がっていた。

DSC_0187

天井から塗装や展示物が大量に落ちてきていた。

DSC_0188

インタラクション参加者は、未来館向かいにある東京国際交流館に避難した。

DSC_0189

配給はカンパン(スティックパン)とペットボトルの水。

DSC_0192

僕は貴重品というか、毎日飲まなければいけない薬を会場に置いてきたので、20時ごろに貴重品回収グループとして会場に戻った。場所別に約20人×4パケットに別れて、順に会場に向かった。裏口から入り、階段で7階まで行った(軽く筋肉痛になった)。脳内再生されたのは「神羅ビル潜入」。電気がなく水浸しの劣悪な状態なため危険と説明を受けたが、我々が向かった7階のドーム前は電気がついており、特に危険な状態ではなかった。棚が崩落してパンフレットが散乱していたりはした。

21時過ぎごろ避難場所に戻り、研究室メンバーと合流。

避難場所では所々でプチゼミ的な集まりになっており、ここで一夜過ごすのもありだったかもしれないとは思ったが、ホテルも営業中ということで、帰ることに。

JRは全面運休だったが、バスは動いていたので、東京テレポート駅前バス停まで歩いてバスに乗った。始点だったので幸い並ばずに乗ることができた。すぐ満員になり、途中から乗車拒否されていた。

ホテルのある門前仲町に着き、お腹もすいていることなのでラーメン屋に入った。若干混んでおり、麺が売り切れだったので定食を頼んだ。

その他飲食店は、吉野家、松屋、マクドナルドなどは閉店していたけど割と営業している店は多かった。

ホテルに戻り、眠りにつき、翌朝朝食を食べ、研究室メンバー4人で東京駅へ向かう。

地下鉄で東京駅に向かおうとしたが、人が来すぎたからか入場拒否になっていた。

駅前の道路でタクシーを探す。20分ほど待って無事タクシーを拾うことができた。

東京駅で偶然研究室メンバー2人と合流し、再び6人に。

越後湯沢経由はたしかはくたかが運休だったので、米原経由にすることに。金沢に帰る予定だったけど、福井の実家に帰ることにした。

新幹線、こだまは割と空いていたが、米原から福井までの電車は混んでいた。

越美北線は通常通りの混み具合だった。

そして実家に無事帰宅。

交通機関については音痴なので、研究室の仲間がいて本当に助かった。研究室のみんな、お疲れ様でした。また、インタラクション関係者の皆さんも無事でよかったです。

スポンサーサイト

テーマ:地震 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://butchi.blog42.fc2.com/tb.php/103-4dff30fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。