2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタラクション2011

2011年3月10日(木)~11日(金)に日本科学未来館で行われたインタラクション2011について。

主にインタラクティブ発表の所感。


インタラクション開催中に起きた地震ついては次の記事参照。

今回のインタラクションのインタラクティブ発表は合計210件(中止になった分も含む)もあったため、全部回ることはできなかったけど、回った発表のうち気になったものを羅列。

南部佑輔氏(静岡大)らの「実世界における身体的行為を利用したコミュニケーションメディアの開発」は、手裏剣の動作でメッセージを送れるシステム。手裏剣を投げる動作をスマートフォンのスライド操作で実現しているのが面白い。加速度センサーを使ってボールのような投げる動作にしようか検討しているとのことだったが、スライド操作を使うのがいいと思った。

DSC_0175

渡邊恵太氏(JST)らの「smoon: 計らなくて済むスプーン」は、計量スプーンをコンピューター制御して「計る」という手間を完全に省けるという研究。やってることは難しくないけど、アイデアがとてもいいと思った。

瀬戸優之氏(明治大)らの「ジェスチャ操作で入力する絵文字ソースの携帯プログラミング」 は、スマートフォンでプログラミングできる言語で、プログラミングでは使われてこなかった絵文字を有効活用した研究。プレーンテキストでのプログラミング言語に対して可視性は高いのでとても面白いが、高度な機能を搭載していくと逆に見づらくなりそうな予感もある。また、多重ループにすると結局括弧の開きと閉じがどこと対応しているか見づらいという問題は解決できないのが難点。

中村裕美(明治大)氏らの「電気味覚を活用した味覚の増幅と拡張」  は、ストローやフォークに電流を流して食べ物の味を変えるという研究。実際体験してみたが、味の変化としては金属をなめている感じに近かった。食べ物をより美味しくできるものではなさそうなのが残念。中森玲奈氏(お茶の水女子大)らの「食べテルミン」 では食べる動作を入力としていたが、その逆で食べる動作へ出力している。吸い込む感覚を提示する、稲見研究室のSUI(Straw-like User Interface)と合わせるとより楽しいものになるかもしれない。

野中秀俊氏(北大)の「マウス+左ボタンによる3D/6DOFマニピュレーション」 は、マウスの左ボタンだけを利用して3Dの回転・移動を行えるようにする研究。慣れればかなり使いやすい操作体系だと思う。

若林努氏(IAMAS)らの「画像の特徴を用いたメロディ自動生成システムの提案」は、画像をメロディに変換する変換音楽の一種。正直、新鮮味はなかった。僕も画像と音の関連を研究しているけど、変換を機械的に行うか、開発者の主観(俺フィルター)でやるか、統計(こういう画像はこういう音というデータの平均)でやるかによって方向性ががらりと変わってくるので、なかなか難しい。

河瀬裕美氏(和歌山大)らの「音と画像処理を用いたリアルタイムスポーツ学習支援システム」は、スポーツにおける体のフォームを画像処理で解析して、音で「腕が高すぎる」とかを知らせる研究。今回は弓道をデモとして用いていたけど、いろいろな練習に適応できそう…でも画像処理だけでやるのには限界がありそうな気もする。デモでは正弦波あたりの単純な音を使っていたけど、「おい、高すぎるよ!」みたいな野次的なものでもいいような気がする。

佐藤和哉(電通大)氏らの「CodeDrummer: リズムに着目したプログラム可聴化システム」はプログラムをドラム音楽に変換するという研究。目指しているのがプログラム作成支援なのかエンターテインメントなのかがよくわからない感じはしたが、珍しい研究だと思った。プログラムにtraceやalertみたいに音を出す命令を付けて音でデバッグする方法とかにしてみると面白いかもしれないと思った。

DSC_0182

最後に、うちの研究室のブース。堂前幸司(金沢大)らの「音色の印象語に基づく減算合成型シンセサイザのパラメータ操作手法」 は、「重さ」「滑らかさ」「派手さ」「クリアさ」といった印象語をシンセサイザーのパラメーターに変換する研究。オノマトーンという、「きらきら」「ぴかぴか」などのオノマトペを音色に変換するデモを行った。

僕がブースを回った時は音系の先生たちが集まっていて激アツだった。

2011_03_11_20_37_09

DSC_0179

開発者は前日までデモ制作に勤しんでいた。

このあと、オーラル発表サブ会場の会議室で休憩をしていたら地震が起きた。

地震でインタラクションが中止になったので、僕のインタラクティブ発表(「閉曲線を利用した音色の操作方法」)は日の目を見なかったのであった。

スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://butchi.blog42.fc2.com/tb.php/102-e819d533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。