2008-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数理の翼

8月15日(金)~19日(火) 数理の翼夏季セミナーに参加。

全国から数学・科学好きの高校生・大学生が京都に集うこのセミナー。
参加資格は30歳未満であるものの、高校生がメインのセミナーであり、僕は参加者としては最年長。われわれ参加者をまとめる班長やスタッフはみな大学生で、彼等ですらみな年下なので、まず敬語で喋るべきかどうかっていう微妙な立ち位置…。

最初のバス移動では高2のT本くんと話し、僕の独自研究について延々と喋る。
数学の話題をきっかけに打ち解け、得体の知れない数学の話を興味深く聞いてくれる人達と交流を持てるなんて機会は滅多にない。
(しかも高校生なのに大学の友達に説明するときより大抵理解が早いっていう(*_*))

しかしやっぱ育ちのエエとこの子とか高学歴が多くて(大学生参加者も東大京大阪大で8割方だし)、中流家庭の中学歴(?)の自分としては心なしかコンプレックスを感じてしまったりも。

セミナーでは「夜ゼミ」というゼミが毎晩行われ、大いに語り合う。
数理の翼理事でもあるうちの先生からは夜通しで延々と続くと聞いていたのだが、就寝時間は厳守させられて「あれ?」と思う。しかし、最後の夜は徹夜も解禁され、夜が明けるまで続いた。
ただ、振り返るとなんか話し足りない後味も。再会したらまた語りたい。

講師の方々にもお世話になったけど、巌佐先生は講義も興味深く(最近ニコニコ動画で見た「反応拡散系」などの生物モデル)、夜ゼミでは僕の進路についてアドバイスを頂けたりと大変お世話になった。

パソコン使用禁止だと困ると思って研究のまとめをプリントしてファイルに綴じて持って行ったけど、これはいろんなとこで広げられたから大いに役に立った(パソコンも使えたけど)。
少しは新しい可能性も見えたことだし、さらにまとめてウェブ公開しよう。

講義や夜ゼミの内容は、加算無限と非加算無限の違いだったりとか、大学に入ってから衝撃を受けた話題も多く含まれていたので、もし高校生のときに参加していたら人生が変わっていたかもしれない。

研究会とかだったらプロと話すことはできるけど、そういう場で知り合う「仕事で研究してる人」とは違って夢に溢れる若者ばかりで、多くの「出逢いたかった人達」と出逢えたと思う。
研究熱心・教育熱心な好青年がたくさんでホント尊敬。


素晴らしいセミナーであった。
スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

なかったら作らないとね

ちょっと前に見つけたんだけど、TeXclipってのはかなりイイ!
オンラインじゃないといけないけど、TeX環境を用意するまでもなく数式を画像化したいときには重宝。

ちなみにTeX数式生成のソフトでMathImageというのを見つけて、なんか見覚えのあるサイトだな~、と思ったらまつむらさん(知り合い)だった。ひょえー。
「なかったら作る」精神を見習わねば。

僕もTeXclipみたいに外部プログラムを経由して画像を生成するサービス(TeXじゃないけど)を画策中だけど、そこんとこのライセンス問題がよくわからん。
(フリーソフトで特に利用範囲が明記されてなかったら基本OKなのかな?)

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。