2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼コーデ

とある食品売り場での光景。

鬼マネキン


これは赤鬼なのだろうか、それとも鬼の格好をした紳士なのか。
むしろ地肌が青っぽいということは青鬼か。

さりげない金棒の持ち方がお洒落ポイント。

そして裏手で黙々と働くおばちゃん。
スポンサーサイト

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

eAT'08 KANAZAWA

今年も逃すことなくeAT KANAZAWAへ。

eAT'08 KANAZAWA ~ガニゲ産業って寿?~


今回のプロデューサーはしりあがり寿。実は作品あんまり見覚えない(汗)
フォーラムも例年より知らないゲストが多かったけど、ソラミミストで有名な安齋肇氏を生で見れたし、なかなか面白かった。

そういえばフォーラムの「しりあがり寿の漫画工房」では、金沢の企業によるお絵描きシステムを用いて書き下ろし漫画を見せる演出があったけど、あまり活用されてなかったな…。
(それにしてもこのなんでも手書きでグリグリβ版ってやつ、noughts:の二番煎じじゃん(どっちが先か知らんけど)。いうても面白そ。)



そして翌日のセミナーにも参加。4年ぶり。
産業としての「マンガ・アニメ・ゲーム(:ガニゲ)」をテーマにひたすらトーク。
マンガ・アニメ・ゲームっていう響きはいわゆる「アキバ系」なイメージが先行しそうな感じだけど、そういった気配は全くない、eATらしいシブい空気。

マンガとアニメの話のときは、「産業としては大して儲かるもんではない」っていうムードだったけど、ゲームの話でのゲストが宮本茂氏だけに、ゲーム産業(というか任天堂)がめっちゃ儲かってんだな、っていう印象がすごく残る。

ちなみに宮本茂氏の話は昨年も聴いたけど(11月6日の記事参照)またそのときとは違う話がたくさん聴けて面白かった。
世界の宮本がちりとてちんをベタ褒めしてて、それに対して中島信也氏が「あれは訛りが気持ち悪くて見てられへん」と突っかかりを見せるくだりがツボった。



聴いた感じだと結局、「ガニゲ産業」ってのはごく一部の人間しか儲からない世界って感じだったけど、作家さんはそれでも作りたいから作る、ってことですねー。

自分の思い描くものを作品として創り上げることができりゃ、それこそが大きな財産。

テーマ:クリエイティブなお仕事 - ジャンル:学問・文化・芸術

auファンではあるけれど

またauがブログパーツ戦略か。
(ニュース記事: http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0801/15/news101.html)


今回はどうやら、5つの魅力で勝負するっぽい。

「音楽マニア」…音楽機能は充実しているケータイがいい
「美画族」…ワンセグは綺麗な液晶で見たい
「エクササイズチーム」…普段スポーツする時も使える携帯があったらうれしい
「おしゃれデザイン派」…やはりケータイはデザインにこだわりたい
「薄軽ケータイ党」…ケータイは薄くて軽いのが一番

…どれもそんなに興味ない。
個人的にはもっとソフトウェア面での充実を期待するんだけれど、どうも大衆の期待とはズレてるようだなー。

「音楽機能」が唯一ソフト面の売りだけど、そこもさほど重視してないしなあ。

データのバックアップとか同期とか、そこらへんが簡単にできれば、さほど多くは望みません。

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。