2006-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思想「ロボットは心を持つようになるか」

明日に控えた哲学の論述試験に備えて予稿。

いちおう教科書はこれ。
ロボットの心―7つの哲学物語 ロボットの心―7つの哲学物語
柴田 正良 (2001/12)
講談社

この商品の詳細を見る

全文を表示 »

スポンサーサイト

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

思想「生きる目的とは」

生きる意味

 我々は果たして何のために生きているのだろうか。
この疑問に対する、(現実的で)割と妥当性がある答えは
「子孫を遺すため」
といったものではないだろうか。
ヒトが元をたどればサル←魚類←微生物←…と進化を遂げてきたと信じるならば、それらに共通する根源的な行為はまさにそれであると考えられるので、そう思うのも当然であろう。

全文を表示 »

思想のコーナー

哲学とかには昔から興味があるので、ブログでも思想を中心にしたいと目論んではいたけど、ここまで来て全く書いてなかったね。とりあえず不定期ながら更新はしたいと思います。

知識がない上、文才もないので、妙な文章や反論、参考文献などあったらコメントお願いします。

LaTeXの数式をPowerPointに

 

PowerPointに数式を貼り付けるためにいろいろ試行錯誤。

全文を表示 »

人口知能のアーキテクチャとは一体

今日の心理学と哲学で学んだことから考えると、生物を模した人工知能が実現可能とすると
  • 先天的な固定機能(初期値、ハード; 遺伝、本能)
  • 環境に応じた高次機能の決定(セットアップ; 幼児期のしつけ)
  • 環境に適応するための安定化(アップグレード; 学習)
    的な段階に分けて、それぞれ(つまり、予約部分と拡張部分)の比率を人工知能の規模(虫程度か、犬程度か)に応じてどう割り振るかがミソ、のような気がした。(素人考えながら)
  • «  | HOME |  »

    プロフィール

    ぶっち

    Author:ぶっち
    面白法人に勤める男。

    趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
    自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
    http://butchi.jp/

    Twitter

    最近の記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    最近のトラックバック

    ブログ内検索

    RSSフィード

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。