2006-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子ペーパーの夢

やや久々に夢を見た。

家族と一緒に新聞を読んでいる。僕が物珍しそうに見ている新聞紙が電子ペーパーのようだ。
写真を手で触ると動画が再生される。
折り込みチラシのような紙の質感で、裏側(内側?)には銀色の膜が塗られていた。

紙を手でこすると「鬼火」と呼ばれる小さな火の玉が生じるようで、溜めてあった昔の新聞(電子ペーパーなのに使い捨てかよ?)で火の玉を作って遊んでいたら、服の中に入り込んで「熱っ」といって目が覚めた。

目覚ましの時間を大幅に通り越しての起床だった。没。
スポンサーサイト

歌声の合成

北陸先端大の赤木教授による「音声合成における非言語情報の操作 ―歌声の合成―」と題された講演を聴いた。

アカペラをやってるものとして歌声という音声情報には特に興味があり、どのように計算機上で実現できるか気になっていたのだが、なかなか参考になった。

歌はド、レ、ミなどの音階(周波数によって表すことができる)が逐次変化するものであるが、実際に歌を歌うときの声の高さというのは、一瞬にして変えることはできず、「オーバーシュート」という瞬時のゆれが生じる。実はそれが"歌声らしさ"に最も影響を与えているらしく、さらにビブラートなどその他のピッチのゆれを加えてやることによってより歌声っぽくなるようだ。

普通に喋った言葉をそんな要領でピッチを変えるなどして合成した、という音を聞いてみると、たしかにけっこう自然に聞こえた。


ちなみに、アカペラのベースなんかだと、僕の場合はなるべくピッチの揺れを抑えるような歌い方をするなどしていてリードボーカルとはちょっと違うテクニックがあるだろうから、"アカペラの合成"ではまた違った特色があるのかなーとも思ってみたり。

研究室のボウリング大会

今日は研究室のボウリング大会があった。
個人戦ではなかなか振るわず、下から5位という微妙な順位でちょうど罰ゲーム対象に。
罰ゲーム内容は「一人でプリクラを撮る」。
頑張ってテンションを上げて数ショット撮った挙句、出来上がった頃にはみんなワールドカップ観戦のため解散…。

 まあそれはいいとして、プリクラなど約10年ぶりのため、当時と比べるとそれなりに技術向上はしていた。
お絵描き機能を堪能する時間はなかったものの、解像度はドットが目立たない程度に改善されているし、昔は写真の上にフレームを乗っける方式がメインだったが今は背景を検出して別背景と合成するのが問題なくできてる。
画像をSDカードとかに書き出しもできればもっといいのだが…(そんな機能もあるかもしれないが)。

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。