2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

募金活動反対

僕は募金活動を反対します。

募金活動が好きでない理由は2つあります。

1つは、お金がもったいないから。

たとえ貧困などを救うとはいえ、そういう活動は本来は行政なり企業の貢献なりで実施されるべきです。税金も、購買も、然るべきお金の流れです。

お金は物を買うためのものです。せめて、「この商品の売り上げの一部はボランティア活動に寄付されます」という商品を買ったり、なんちゃらバンドを買ったりして見返りをもらうべきです。

もう1つは、出資者(募金する人)の名前が公表されないから。

ゲイツ氏がどこどこの団体に何億円を寄付、とかニュースになるなら、名前を売ることができていいですね。

でも、一般人はニュースになるほどの寄付はできないので、結局募金という方法しかとれないのでしょうが、寄付金ということで出資者の名前が出るならば問題ありません。

毛色の違う話ではありますが、テレビ番組やCMなどで使用しているBGMなどの作者がクレジット公表される機会が少ないことも同じような問題だと考えています。

何らかの形で貢献したら、貢献された側は何らかの形で公表すべきだと考えています。

なお、お布施やお賽銭などの宗教活動への寄付金にも同様の理由であまり賛成できません。

信仰心ともかかわりのあるところなので募金と同列に並べるべきか判りませんが。

ただ、上述の2つの理由と同じで、おみくじの購入だったり、奉納金の出資者の名前がどこかに刻まれる、ということならよいと思います。

まあ、僕も神社では毎回5円を賽銭箱に入れてますし、教会でも毎回100円以上は献金してますけどね。まあ、気持ち程度に。

あくまでも、偽善で活動をやれという主張ではありません。せっかく頑張って手に入れたお金がもったいないという主張です。

スポンサーサイト

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

禁欲の是非

宗教はストイックすぎると思っています。
というのも、仏教でもキリスト教でも、何かと「禁欲」を掲げています。

恐らく理由の一つとしては、欲を満たすのに必要な資源が無尽蔵にあるわけではなく、必要な資源だけを使って平和に生きよう、という指針があるのではないかと思います。

たしかに、人口が増え続けている昨今、誰もが欲を満たそうとしたら欲を満たすだけの資源が足りなくなってしまうのではないでしょうか。

…いや、僕はそうは思いません。
なぜならば、資源は無限にあるからです。今はその資源を取り出せていないだけです。

宇宙は無限に広がっています。宇宙まで手を広げれば「物」としての資源はいくらでも取り出せます。

もう一つの資源は「情報」です。
言わずもがな、情報はいくらでもコピーできます。欲しい情報が全て得られるか、という疑問が残りますが、これもコンピューターの発展とともに解決されていきます。

これらは科学技術の発展につながり、より高度な文明を築くことができます。

仏教やキリスト教のように、今の世界を保とうとするのはあまりにも保守的だと思います。
世界は加速していくべきです。
たとえ自転車操業だとしても。


ただし、欲を満たすのにも限界があります。脳内麻薬が出すぎると体が壊れます。
覚せい剤などもってのほか。

また、たとえば「食欲」に関して言えば、食べ続ければずっと幸せなわけではなく、お腹ぺこぺこで食べるからより幸せなわけです。

欲を抑えた先にある幸福感を求めるための禁欲であれば、僕は大いに賛成します。

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

物理法則というプロトコル

ボールを投げたとき、その軌跡は人が容易に想像できる放物線を描きます。しかし、その放物線の組み合わせで野球選手は人を感動させています。

仕事でも、キーを打つ、人と話すという人が容易に想像できる行動の組み合わせで人を驚かせています。

人は、物理法則という(基本的には)単純な プロトコルのもとで、さまざまなドラマを作っています。

有り得ないことは現実世界には存在しません。すべて物理法則で説明できるようにできているのです。

それでも、面白い出来事はこれからもずっと起き続けます。

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

コーラ&ソーダグミ食べ比べ Fight 2

DSC_0232

コーラ&ソーダグミの食べ比べを以前やってみたが、久しぶりにジャスコに行ったら新しいグミが多数売っていたので再び食べ比べてみた。今回は7種類。

全文を表示 »

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

パラレルワールドの融合

もし自分の過去だけでなく、「もしも」の世界まで行き来できたら…。以下の2つの仮説を立てて、その可能性を妄想する。

  1. パラレルワールドの存在
  2. 感覚の時間・個人ワープ

全文を表示 »

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

«  | HOME |  »

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
面白法人に勤める男。

趣味: 数学、コンピュータ、CG鑑賞・制作、アカペラ(ベース、パーカッション)
自分をモノにたとえると、"次世代OS搭載の旧世代PC"
http://butchi.jp/

Twitter

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。